八尾あきんどOn-Do(音頭)ネット

八尾市内で飲食店等を営む皆さまへ(1月14日更新)

【「(仮称)大阪府営業時間短縮協力金」について】掲載日:令和3年1月13日
新型コロナウイルス感染症の再拡大防止に向けて、令和3年1月14日から2月7日の25日間、営業時間短縮要請に全面的にご協力いただける大阪府域の飲食店・遊興施設(食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている店舗。以下「飲食店等」とします。)に対し、大阪府から協力金が支給されます。協力金の概要は以下のとおりです。
■概要:
新型コロナウイルス感染症の再拡大防止に向けて、令和3年1月14日から2月7日の25日間、営業時間短縮要請に全面的にご協力いただける飲食店等に対し、新たに協力金を支給。
■対象者:
営業時間短縮要請を受けた飲食店等を有する、次の(1)から(5)の全てを満たす事業者
  1. 大阪府域に飲食店・遊興施設(食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている店舗)を有すること
  2. 夜20時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業を行っていた店舗において、朝5時から夜20時までの間に営業時間を短縮するとともに、酒類の提供は11時から19時までとすること
  3. 令和3年1月14日から2月7日の25日間、営業時間短縮要請を遵守していること
    ※ただし、準備期間が必要であるため、1月18日から要請を遵守している場合も対象
  4. 令和3年2月7日までに感染防止宣言ステッカーを導入していること
    ※感染防止宣言ステッカーを導入していない期間は休業していることが必要
  5. 営業に関する必要な許認可等を取得していること
■支給額:
1店舗あたり 150万円(6万円×25日)
※令和3年1月18日から2月7日まで要請を遵守している場合 1店舗あたり 126万円(6万円×21日)
(要請遵守の開始日が令和3年1月15日から1月17日までの間も含みます。)
■申請手続:
令和3年2月8日 受付開始予定
申請方法等については、決定次第、大阪府ホームページにて公表予定です。
※現在実施中の大阪市の営業時間短縮協力金とは別の制度となりますので、大阪市内に店舗を有する事業者様も別途申請が必要です。
■問い合わせ先:
(仮称)大阪府営業時間短縮協力金に関するコールセンター
電話番号:06-6210-9525
【 「外食業の事業継続のためのガイドライン」 の改訂について 】
飲食店等を営まれている皆さまにおかれましては、これまでも業種別感染拡大予防ガイドラインに基づき、 新型コロナウイルスの感染防止策を講じていただいているところですが、昨今の新型コロナウイルス感染者数の拡大等に伴い、 11月27日に「社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」、11月30日に 「外食業の事業継続のためのガイドライン」 の改訂がなされました。
 今後も引き続き、業種別感染拡大予防ガイドラインを遵守し、新型コロナウイルスの感染症拡大防止にご協力をお願いします。
改訂後のガイドラインについては、下記のURLからご覧ください。
「社交飲食業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」 https://zensyaren.net/2020/12/post-9.html(全国社交飲食業生活衛生同業組合連合会HP)
「外食業の事業継続のためのガイドライン」
http://www.jfnet.or.jp/contents/safety/#guideline_corona(一般社団法人日本フードサービス協会HP)

八尾市内で事業を営む皆さまへ・市民(消費者)の皆さまへお知らせ(12月28日更新)

大阪府下での新型コロナウイルス感染者数の拡大等に伴い、大阪府新型コロナウイルス対策本部会議において、 大阪モデルにおける「レッドステージ(非常事態)」の要請期間が令和3年1月11日まで延長されました。
要請内容は以下のとおりです。なお、今回の要請内容は、太字の内容が追加となります。それ以外は12月29日までになされた「レッドステージ(非常事態)』による要請内容と同じ内容となります。

【 事業を営む皆さまへ 】
  1. 従業員等に対し、年末年始は「スティホーム」に努めるように求めること。
  2. 従業員等に対し、忘年会、新年会、成人式後の懇親会への参加は控えるように求めること。
  3. 従業員等に対し、帰省は控えるように求めること。
  4. 従業員等に対し、カウントダウン等、主催者がいないイベントへの参加は控えるように求めること。
  5. 従業員等に対し、初詣をする場合はできるだけ密を避け時期を分散するように求めること。
  6. 従業員等に対し、できる限り、不要不急の外出を自粛するように求めること。
  7. 従業員等に対し、「5人以上(※1)」「2時間以上」の宴会・飲み会を控えるように求めること。
  8. 従業員等に対し、GoToEatキャンペーンで付与されたポイント又は既発行の食事券、府少人数利用・飲食店応援キャンペーン事業で付与されたポイントを利用した飲食を控えるよう求めること。
  9. 従業員等に少しでも症状がある場合は、休暇を取得しやすい環境を整えるとともに検査受診を勧めること。
  10. 業種別ガイドラインの遵守(感染防止宣言ステッカー(※2)の導入)をすること。
  11. 飲食店においては以下に留意すること。
     ・パーテーションの活用・会話の際は、マスク・フェイスシールドを着用(食事中のマスクの活用を含む)
     ・斜め向かいに座る
     ・CO2センサー等を活用し、換気状況が適切か確認
  12. 休憩室、喫煙所、更衣室などでのマスクを外した状態での会話は控えること。
  13. 業種別ガイドラインを遵守(感染防止宣言ステッカーの導入)していない、接待を伴う飲食店及び酒類の提供を行う飲食店の利用を自粛すること。
  14. 国の接触確認アプリ「COCOA」(※3)、大阪コロナ追跡システムの導入(※4)、又は名簿作成など追跡対策をとること。
  15. 高齢者施設、医療機関等は、職員、施設と関わりのある業務の従業員、入所者・入院患者、外部から訪問される方に対し、徹底した感染防止対策(マスクの着用、手指消毒等)を求めること。
【 市民(消費者)の皆さまへ 】
  1. 年末年始は「スティホーム」に努めること。
  2. 忘年会、新年会、成人式後の懇親会への参加は控えること。
  3. 帰省は控えること。
  4. カウントダウン等、主催者がいないイベントへの参加は控えること。
  5. 初詣をする場合はできるだけ密を避け時期を分散すること。
  6. できる限り、不要不急の外出を自粛すること。
  7. 「5人以上(※1)」、「2時間以上」の宴会・飲み会は控えること。
  8. GoToEatキャンペーン事業で付与されたポイント又は既発行の食事券、府少人数利用・飲食店応援キャンペーン事業で付与されたポイントを利用した飲食を控えること。
  9. 重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患のある方等)は、不要不急の外出を控えること。
  10. 高齢者の方、高齢者と日常的に接する家族、高齢者施設・医療機関等の職員は、感染リスクの高い環境を避け、少しでも症状が有る場合、休暇を取得するとともに早めに検査を受診すること。
  11. 「静かに飲食」、「マスクの徹底」(飲食の際も会話時はマスクを着用)、「換気と保湿」。
  12. 業種別ガイドラインを遵守(感染防止宣言ステッカーの導入)していない、接待を伴う飲食店及び酒類の提供を行う飲食店の利用を自粛すること。
  13. 3密で唾液が飛び交う環境を避けること。

※大阪モデルにおける『レッドステージ(非常事態)』の対応方針に基づく要請内容詳細は、大阪府のHPをご覧ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/corona-kinkyuzitai/index.html

  1. (※1)家族や乳幼児・子ども、高齢者・障がい者の介助者などはこの限りでない。
  2. (※2)感染防止宣言ステッカーについて
    大阪府のHPにリンクします。リンク先から感染防止宣言ステッカーの登録が可能です。
    URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/shobobosai/sengensticker/index.html
  3. (※3)接触確認アプリ「COCOA」について
    国・厚生労働省のHPにリンクします。リンク先から接触確認アプリ「COCOA」のインストールが可能です。
    URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html
  4. (※4)大阪コロナ追跡システムについて
    大阪府のHPにリンクします。リンク先から大阪コロナ追跡システムの登録が可能です。
    URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/smart_somu/osaka_covid19/index.html